Theme
タイトルは無題
アーカイブRSS
Source: twitter.com
Source: saikorashii

(expositionから)

(kitofuyuから)

「お前のとこの回線を契約したらインターネットが狭くなったぞ!」という哲学的なクレームを受けて、困惑した作業員が見に行ったら、PPPoEの設定が間違っていてインターネットにつながっておらず、その人はブラウザのキャッシュに残ってたサイトだけ見ていたらしい。
Source: yellowblog

(gearmannから)

carudamon119:

吹き出す画像 ‏@fukidasu_gazou  
やべぇ‥フィンランドの実写版スナフキンやべぇよ‥いやこれどうするよ‥やばすぎるだろ‥‥フィンランド最高かよ。

carudamon119:

吹き出す画像 ‏@fukidasu_gazou  

やべぇ‥フィンランドの実写版スナフキンやべぇよ‥いやこれどうするよ‥やばすぎるだろ‥‥フィンランド最高かよ。

(rurinacciから)

一見、なんの変哲もない平凡そうな人であっても、その人は、きっと自分とは違う何かを持っている。

それをじっくりと、時間をかけて探すのである。

ここで重要なのは、その探し物は、好ましいものとは限らないということ。

弱点でもいいし、矛盾点でもいい。

そして、それが見つかったら、なぜ彼彼女が、それを獲得するようになったのか、そしてなぜ自分はそこに注目したのかを色々と想像してみる。

そして、もう一度その人を観察して、自分の仮説が合っていたかどうかを確認してみる。

これを繰り返しているあいだに、いつのまにか自分がその人にひどく関心を持っていることに気づく。

そこからが、二人の物語の始まりなのだ。

同人時代は、漫画を一ヶ月に200ページ以上、多い時には600ページ近く描いていた。
1990年前後は多くの作品を描きたいがために、栄養ドリンクと一緒に無水カフェインを5時間おきに飲む事もあった。副作用で乗り物酔いの状態になり、酔い止め薬も服用し、それでも改善しない時は仰向けに寝て描いていた。最終手段としてニトログリセリンを摂取し、心臓にショックを与え目を覚ましていた。
Source: Wikipedia

(shortcutssから)

1  2  3  4  5  
  next